障害年金とは何か

障害年金は国民年金法、厚生年金保険法などに基づいて、病気や負傷によって生活が不自由になった場合や仕事が制限された場合など、障害の状態になった人に対して高齢者のみならず現役世代の方も受け取れる公的年金です。障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金があり、病気や負傷で医師及び歯科医師の診察を初めて受けた日に国民年金被保険者である場合は障害基礎年金、厚生年金被保険者である場合は障害厚生年金が請求できます。障害年金を受け取るためには手続きが必要になります。障害年金受給ができる条件は障害認定基準を上回る障害条件であること、そして保険料の一定以上の未納状態でないことの2つを満たせばどなたでも支給されるので、病気や負傷で経済的負担が大きく生活に苦しんでいる方には是非知ってもらい公的年金の一つです。

障害年金は視覚障害や聴覚障害、そして手足の不自由といった身体の障害のみならず、癌や糖尿病、心疾患や呼吸器疾患といった内部疾患により療養が必要といった方も生活の支えとして支給されます。また、支給されるのは障害手帳を持っている方だけでなく持っていない方も受け取れます

受給資格は収入や財産といった経済事情や家族構成などが考慮されることもなく、若い世代の方を中心に支給されている年金です。どのような方が障害年金を受け取っているのか、そして対象となる傷病はどのようなものなのか、支給される金額される金額について説明します。

Pocket