対象となる疾病

損害年金は多くの疾病が対象となり、対象外の疾病が少ないのが特徴です。また、病名で支給されるものではなく、発症すると死に至る場合が少なくないガンなどの難病の場合でも障害年金を申請しても支給されない場合も少なくないのも言えます。損害年金が受け取れるポイントは病気や負傷によって就労や日常生活に支障がどのように起きるのかが重要になります。

白内障や視神経萎縮・眼球萎縮といった視覚障害、突発性難聴や神経性難聴・特発性両側性感音難聴といった聴覚障害、外傷性鼻科疾患などの鼻腔機能の障害、喉頭がんや脳血栓による言語障害といった言語機能の障害など、各部位の対象となる疾病の代表例をあげただけでも数多くあります。この他上肢・下肢の障害、体感や肢体機能、呼吸器疾患や心疾患による障害、そしてアスペルガー症候群や若年性アルツハイマーといった精神の障害まで対象となります。このように多くの疾病が対象になるのが障害年金です。

反対に障害認定基準により、障害年金支給対象外の疾病名は鼻腔機能の障害である嗅覚脱失、精神障害である人格障害や神経症、神経系統の障害である疼痛、呼吸器疾患では加療による胸郭変形、慢性肝疾患、高血圧による障害です。これらは支給されません。しかしこの他の障害は対象外ではないため、一度自分や支給を希望している方の疾病が支給されやすいのか調べてみましょう。

公的年金であるため、無料で障害年金について行政窓口で説明を受けられます。また、障害年金を専門とした社会保険労務士に障害年金申請手続きの相談も出来ますのでお奨めします。

 

障害程度で変わる等級

障害年金には障害の程度に応じて等級があります。等級は1級、2級、3級、そして一時金にあたる障害手当金があります。1級と2級は国民年金法施行令別表によるもので、3級と障害手当金は厚生年金保険法施行令別表第一・第二によるものです。各等級による症状の代表例を説明します。

1級は、両眼の視力の和が0.04以下のもの、両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの、両上肢のすべての指を欠くもの、あるいは機能に著しい障害を有するもの、両下肢を足関節以上で欠くもの、あるいは機能に著しい障害を有するものなど、他人の介助がなければ自分の用をほとんど自分の用を足せない程度のものが1級です。

2級は両目視力の和が0.05以上0.08以下のもの、両上肢の親指または人差し指又は中指を欠くものあるいはその機能に著しい障害を有するもの、両下肢を足関節以上で欠くものなど、他人の介助を常に必要とするものではないが日常生活を困難なく送るのは難しく、労働によって収入を得ることがむずかしい程度のものがあげられます。3級は労働して収入を得ることは可能ではあるが、著しい制限を受ける程度のものなどがあげられます。障害手当金は初診日から5年以内に疾病が治ったが労働が制限を受ける又は労働制限を加える必要がある程度のものがあげられます。

1級と2級は厚生年金や共済組合から支給される障害厚生年金に加え国民年金から支給される障害基礎年金が支給されます。また、1級は2級の1.25倍の支給年金額であったりと、等級が高いものほど障害年金が多くもらえます。

Pocket

障害年金とは何か

障害年金は国民年金法、厚生年金保険法などに基づいて、病気や負傷によって生活が不自由になった場合や仕事が制限された場合など、障害の状態になった人に対して高齢者のみならず現役世代の方も受け取れる公的年金です。障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金があり、病気や負傷で医師及び歯科医師の診察を初めて受けた日に国民年金被保険者である場合は障害基礎年金、厚生年金被保険者である場合は障害厚生年金が請求できます。障害年金を受け取るためには手続きが必要になります。障害年金受給ができる条件は障害認定基準を上回る障害条件であること、そして保険料の一定以上の未納状態でないことの2つを満たせばどなたでも支給されるので、病気や負傷で経済的負担が大きく生活に苦しんでいる方には是非知ってもらい公的年金の一つです。

障害年金は視覚障害や聴覚障害、そして手足の不自由といった身体の障害のみならず、癌や糖尿病、心疾患や呼吸器疾患といった内部疾患により療養が必要といった方も生活の支えとして支給されます。また、支給されるのは障害手帳を持っている方だけでなく持っていない方も受け取れます

受給資格は収入や財産といった経済事情や家族構成などが考慮されることもなく、若い世代の方を中心に支給されている年金です。どのような方が障害年金を受け取っているのか、そして対象となる傷病はどのようなものなのか、支給される金額される金額について説明します。

Pocket